嵯峨天皇、ライバル空海に完敗【日本史雑学】

空海と嵯峨天皇といえば、橘逸勢と共に三筆として知られていますよね。

二人はいつも書物のことで競う良きライバルでもありました。

しかし、嵯峨天皇はある書物がきっかけで、空海に負けてしまいます。

1. 嵯峨天皇の中国書物

ある日、嵯峨天皇がとある書物を持ってきました。

それは何かというと嵯峨天皇が手本にしている本で、嵯峨天皇は

「これは唐の人の書物でこれ以上に字の綺麗な人はいない、この書はとても貴重なものだ」

と熱弁しました。

すると空海は、、、

2. 空海の書物だった!!

「それは私が書いたものですよ」といったのです!

嵯峨天皇はそれをにわかには信じず、

「それは嘘だ。この書物の字体と今の空海の自体は違いすぎる。おかしい」

と反論しました。

すると空海は、

「軸を外して見てみればわかります」

というので、そうしてみると空海の落款※があったのです。

※落款とは、書画などに筆者が押す印

3. 国によって字体を変える

嵯峨天皇はなんで今と自体が違うんだ?と聞きました。

すると空海は

「国によって相応の字体に変えています。唐は大国なのでこのように書き、日本は小国なので日本では今の字体で書いているのです。」

と言いました。

その答えを聞いた嵯峨天皇はもう空海にはかなわないと思い、争うことをやめたそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中