服部半蔵、家康の命令に背く!?【日本史雑学】

服部半蔵は徳川家康に仕えていました。

そんな服部半蔵が君主の命令に背いた話。

1. 全員“服部半蔵”さん

冒頭でもお話しした通り、実は“服部半蔵”という名前は、世襲制でした。

1代目から12代目まで、全員“服部半蔵”さんです。

みなさんが、ご存知の服部半蔵さんは、2代目服部半蔵こと、服部正成です。

冒頭でもお話しした通り、忍者だったのは1代目だけで、それ以降は普通の武士でした。

2. あだ名は「鬼の半蔵」

徳川家康に仕え、慕われていた服部半蔵。

実は彼は、その戦略の非情さから、「鬼の半蔵」と呼ばれていました。

3. 信長の怒り

ある日、信長は、家康に敵対する武田家との内通を指摘します。

(実際には、無実だったのですが、)

信長は、家康の息子である信康の切腹を命じます。

4. 家康の命令に背く

家康は、介錯(=首を切り落としてあげる役割)を半蔵に命じます。いかに信頼されていたかがわかります。

しかし、半蔵は涙ながらに

「三代相恩の主に刃は向けられない」と訴え、命令を断りました。

家康は、

「さすがの鬼も君主の子は切れぬか」

と言い、半蔵をさらに評価しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中