歌舞伎はなぜ女人禁制なの?【日本史雑学】

女人禁制の歌舞伎ですが、始まりは女性である出雲阿国です。

彼女が作った歌舞伎はなぜ、女人禁制になったのでしょうか?

1. 歌舞伎の始まり

彼女は出雲大社の巫女でした。

踊りを始めたのは、神社の寄付を募るためです。

その踊りのとても良く、瞬く間に評判が広がっていきました。

出雲大社

2. 売春で稼ぐ劇団の増加


出雲阿国の真似をして、色々な劇団ができました。

しかしその中には、踊り以外で金を稼ごうとする者もいました。

「売春」を始めたのです。

3. 政府の規制

それが段々とエスカレートしていきます。

もちろん政府がそれを見逃すわけにいきません。

4. 女人禁制へ

1629年、風紀・風俗を見出すものとして女性の歌舞伎が禁止されました。

こうして、現在まで女人禁制の歌舞伎が根付きました。

女人禁制の裏にはこのような悲しい歴史がありました。

出典:https://www.kabuki-za.co.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中