「租庸調雑徭」をわかりやすく解説!【日本史雑学】

大化の改新の際に出された施策です。

国内の状況に合わせて、今までの法を改定したものです。

それぞれをざっくり説明したいと思います。

*租*

収穫された稲のうち、一定の割合を税として

納めるというものです。

大体3%〜10%相当ですね。

しかし天候によって左右されやすい米は、結構大変でした。

*庸*

20歳以上の男性に課せられる、都での労役のことです。

しかし遠方でそれが難しいという人には、米や布を代わりに納めさせていました。

*調*

17~20歳の男性に課せられるもので、布や地方の

特産物を納めるものです。

布で納めるのが基本ですが、特産品でも代用ができたそうです。

*雑徭*

各種工事に従事させることです。

男性に課せられ、年齢ごとに従事日数が決められていました。

従事している間は食料・給料の支給ありませんでした。

想像しにくいかもしれませんが、

当時の農民にとっては、大変きつかったようです。

かかる経費などは全て自腹でした。

やはり、いつの時代も税金問題はつきものなのかもしれません。

・https://pixabay.com/ja/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中