実は豪華!?縄文時代の食事5選!【日本史雑学】

突然ですが、縄文人はなにを食べていたと思いますか?

イノシシ狩る、食うってイメージかな?

今日はそんなイメージを一新させる、縄文グルメをご紹介

1. 果実酒

この時代には、もう山葡萄や木苺などからお酒が作られていた。

日本の酒文化の始まりです!

2. イボキサゴ

イボキサゴって何やねんって感じだけど

これは貝の一種。

貝塚の貝の9割はこれで、味はサザエに近い。

めっちゃ美味しい出汁が取れる!(らしいw)

3. 魚介類

縄文時代には、マグロや真鯛、ブリなどの

ちょっといいお魚も食べれられていた。

貝塚から、それらの骨が見つかっていることから、判明しました。

4. 肉類

やっぱり縄文時代といえば、イノシシ!

縄文時代には鹿とイノシシが一番よく食べれた肉だった。

北海道あたりでは、オットセイとか食べてったぽいです。

5. どんぐり

縄文時代の主食は主にどんぐりでした。

どんぐりは、アクが強すぎて生では食べれない!ということから、

土器で加熱してクッキーや、ハンバーグなどにしていました。

意外といいもの食べてる縄文人。

実は日本の縄文文化はその当時の世界でもっとも優れていました。

だからいい料理が食べれたのかね。

・https://www.tokamachi-museum.jp/p-exhibition/p-ex01/(アイキャッチ)

・https://pixabay.com/ja/(それ以外)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中