豊臣秀吉、実はつけ髭だった!!【日本史雑学】

戦国武将はみんな立派なヒゲを持っているイメージですよね。

しかし秀吉は偽物のつけひげをしていました。

なぜそのようなことをしたのでしょうか?

1. ヒゲ文化

当時、世間では「立派なヒゲは、権力の証!」

という認識がありました。

そのため、みんなこぞってヒゲを生やしていました。

2. 秀吉は薄毛だった

しかし秀吉は、薄毛でした。

頭髪もヒゲも全部薄かったのです。

信長はそんな秀吉のことを、

「あいつまじハゲwww」と書状に記したそうです。

https://sekainorekisi.com/glossary/織田信長/

3. コンプレックスを解消?

秀吉自身それをコンプレックスに思っていました。

それゆえに、権力の証であるヒゲだけは欲しい!

と考え、つけひげをつけました。

そんなコンプレックの表れとして秀吉は

「見た目は貧相だけど、一応天下取ってるからな?」

という発言をしたそうです。

4. 秀吉の死後

江戸時代になると、逆にヒゲ禁止令なるものが出ます。

戦国時代を連想させるからという理由で。

秀吉も同じことすればよかったのにって感じですよねw

今話題の本

知らないとがっかりされる日本の歴史 基礎中の基礎

日本史を超手っ取り早く学べる話題沸騰の本がこちら!

なんと税込250円!!

kindle unlimited に登録している人は無料!

「日本人ならぜひ知っておいて欲しい」が詰まった本です。

日本の歴史、読み直してみませんか?

・https://ja.wikipedia.org/wiki/豊臣秀吉(サムネイル)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中