宮沢賢治は、エロ本コレクター【日本史雑学】

宮沢賢治は『銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』などの

作品で有名ですよね。

彼の趣味はエロ本のコレクションでした。

1. 性欲は人をダメにする

宮沢賢治は周りの人に

「性欲は人をダメにする。仕事の邪魔にもなる」と話していました。

真面目な文豪っぽい言葉ですよね。

2. 自分はエロ本コレクター

しかし、彼自身はというと、大のエロ本コレクター。

春画や、イギリスで過激すぎて禁止になった本を、一生懸命入手します。

春画とは、江戸時代のエロ本です。

しかも、伏せ字になっているとこが読みたすぎて、仙台の本屋さんまで

出向いたそうです。

3. 友人にバレる

さすがにこんなに集めていると、友人にもバレてしまいます。

友人に「めっちゃエロ本持ってんじゃんw」と突っ込まれると、、

「子供が変なことしないように見本を用意しただけだしwこんなもんは童話だわwまずそもそも俺誰か傷つけたか?迷惑かけたか??大体・・・」

などと、めちゃめちゃ見苦しい言い訳をしたそうです。

中学生みたいですよねw

大文豪にもこんな一面があったのです。

詩人・石川啄木もチェック!↓

今話題の本

知らないとがっかりされる日本の歴史 基礎中の基礎

日本史を超手っ取り早く学べる話題沸騰の本がこちら!

なんと税込250円!!

kindle unlimited に登録している人は無料!

「日本人ならぜひ知っておいて欲しい」が詰まった本です。

日本の歴史、読み直してみませんか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中