天才・吉田松陰はスパルタ教育を受けていた!【日本史雑学】


松下村塾で有名な吉田松陰。

松下村塾の卒業生には高杉晋作や、伊藤博文など歴史的に名を残す人物が多いですよね。

それは松陰が優秀だったからですが、なぜ彼はそれほどまで優秀だったのでしょうか?

彼の幼少時代を見ていきましょう。

1. 松陰の師匠

彼の師匠は父親ではありません。叔父の玉木文之進という人です。

松蔭が5歳の頃から、家を継ぐことが決まっていたため、

叔父によるスパルタ教育が行われました。

2. スパルタ教育

松蔭は竹馬や凧揚げなどの遊びは一切禁止されました。

5歳の彼がしていいことは何か?それは漢書を読むこと、何かを書くことでした。

3. スパルタ伝説

ある日、勉強中の松蔭の頬に虫が止まりました。

普通に松陰はそれを払ったのですが、これに叔父が大激怒。

「虫が止まったのはお前の都合だろ。学問は公のものなんだよ。私利私欲を図る者になるな!!!」

と叱りました。

4. 藩校へ

松蔭は9歳の時、長州藩の子弟がはいる学校に入りました。

ただし、生徒ではなく、教授見習いとして。

そして翌年、彼は教授となり、講義をしていたそうです。

いかがでしたか?

伊藤博文や高杉晋作も相当優秀ですが、師匠もやはり優秀でした。

30歳の時、彼はある理由で死刑となりますが、それはまた別のお話、、、。

・https://ja.wikipedia.org/wiki/吉田松陰(アイキャッチ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中