菅原道真はもともと学問の神ではなく、祟り神だった!?【日本史雑学】

道真は学問の神様として知られていますが、パッとした伝説とか、逸話とか、

あまり聞きませんよね。

彼はなぜ学問の神様と呼ばれているでしょう?

1. 左遷

道真は、今でこそ優秀とされていますが、当時の扱いはひどいものでした。

彼は藤原氏の策謀により、左遷させれらたのです。

そして左遷先で、彼は死を迎えました。

2. 祟り

道真の死後、都では異変が起こっていました。

道真の左遷に関わった人が、次々に死んでいったのです。

これは道真の祟りなのではないか?と噂されます。

3. 太宰府の建設

そんな時代に耐えかねた朝廷は、祟りを鎮めるために、

天満宮を建設しました。

それが今の北野天満宮です。

4. 学問の神様へ

時が経ち、そのような噂も風化しました。

道真は学問家系で、神童だったことから

学問の神様と讃えられるようになったと言います。

道真はこのようにして、学問の神様とされました。

後付けすぎじゃない?って感じですよね。

わかるそれな。バイバイ。

・https://ja.wikipedia.org/wiki/菅原道真(アイキャッチ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中