「右衛門」はなぜ「えもん」と読むの?【日本史雑学】

右衛門はなぜ、”えもん”と読むの?

右衛門の読み仮名は「えもん」です。

衛門だけでも十分”えもん”と読めそうなのに、なぜ右衛門と書くのでしょうか?

1. 元は役人の名称

元は律令制度で、都の門を警護担当する担当である「衛門府」という役所からです。

その部署で、右と左に分かれていました。

2. 名前の省略

右は右衛門府(うえもんふ)、左は左衛門府(さえもんふ)。

そのうちそれが、右衛門(うえもん)と省略され、

右衛門の読みのみが、省略され「えもん」となりました。

3. 昔の人の名前に多いのはなんで?

昔の人の名前で、よくこの見かける理由は、

昔の人は、役職で名前をつけていたからです。

「兵衛」や「右京・左京」もそのようなものからです。


服部や犬養など、現在私たちが使用している苗字も、職業から由来したものです。

また余談ですが、佐藤や遠藤などは藤原家から、由来しているものです。

ぜひご自分の苗字の由来も調べてみてください!

かっこいい二つ名もチェック!

https://wordpress.com/block-editor/post/rimojuku.academy/450

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中