1年前の日本史論述の対策の仕方と参考書!【大学受験日本史】

日本史の論述は後回しにされがち。

しかし、早い段階で対策をすればするほど大きく周りに差をつけられるのも事実。

ここでは、1年前にどのような日本史の論述対策をすればいいかを徹底的に解説します!

リモジュクでは、このように日本史受験に特化した記事を多く掲載しています。

「受験日本史で勝つための記事」一覧から是非自分に合った投稿を探してみてください。

日本史の通史の進め方

論述対策をする上では、もちろん通史の知識が大前提に必要となります。

しかし、ガムシャラに通史の知識を入れるだけでは全く意味がありません。

これはすごく大事なことです。

とにかく通史を終わらせよう、という考え方は危険。

通史の時点で、論述にも通用するような対策をすれば周りに大きく差をつけられるようになります。

早速対策の仕方を見ていきましょう。

事前に日本史論述問題を見ておく

どのような問題が入試では出されるのか、まず確認してみましょう。

定期テストなど、学校の先生が作ったものではなく、志望校や受験する可能性のある大学の入試問題を見るのが望ましいです。

なるべく多くの問題をみてみてください。

そうすると、なんとなくどのくらいの知識が必要なのか、そしてどのように問われるのかが分かってきます。

分かった上で通史を勉強している人は遥かに効率よく通史を終わらせることができるでしょう。

スケジュールを作る

1年前から対策を始めることで得られる大きなメリットは、スケジュールに余裕ができることです。

いつまでに通史を終わらせて、いつから論述対策を本格的に始めるか、それを決めましょう。

比較的余裕があるはずです。

そしてスケジュールを作ったら、担任の先生や塾の先生に見てもらいましょう。

(もしも聞ける人がいない場合は、リモジュクでも無料相談を行なっているので遠慮なく!)

夏までに通史は終わらせる

通史は、夏には一通り終わらせるようにしましょう。

なぜなら論述対策が夏から本格的に行われるからです。

もしも、授業などの関係で夏までに終わらせられない場合は、教科書は最後まで読んでおく、など一通りの流れは掴めるようにしておきましょう。

過去問の進め方

1年前から過去問はなるべく解いたほうがいいです。

しかし、通史が全部終わっていることは少ないはずなので、終わった範囲だけでも過去問を解いてみてください。

もちろん最初のうちはボロボロかもしれません。

しかし、トライアンドエラーを繰り返せば繰り返すほど知識は定着するので、暗記の効率もよくなります。

過去問にはどんどんチャレンジしましょう。

過去問については以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひチェックしてください!

日本史論述のためのおすすめ参考書

考える日本史論述

“考える”日本史論述―「覚える」から「理解する」へ (河合塾SERIES)

特徴

論述がある人に超おすすめの参考書。

時代ごとに様々な大学の良問が集められていて、この1冊をしっかりとマスターするだけで論述に必要な知識はしっかりと身につきます。

分野ごとに問題が分かれているため、終わった範囲の問題を解くのにも最適です。

日本史B講義の実況中継

石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)

特徴

日本史の超人気講師である石川先生の日本史の講義が文字に起こされた一冊。

日本史の参考書と言えばこれ、とも言えるほど多くの受験生が利用します。かなり詳しく解説されているため、理由や背景の把握にとても役に立ちます。

レベルはかなり高く、早慶レベルや難関国公立大学を志望している人におすすめです。

論述にはかなり詳しい知識が必要です。

その知識を補充するに適した参考書となっています。

究極の対策方法

さて、今までは独学で必要な対策を解説してきました。

しかし、一番の対策は、自分専用のコーチをつけることです。

例えば、学校の先生、塾の先生など誰でもいいですが、いつも自分の進捗状況を報告できる人を見つけましょう。

また、論述の添削も自分ひとりでは絶対にできません。

これから1年間お願いできる人を見つけるようにしましょう!

もしも周りにいない人は、リモジュクでもサポートを行なっています。

日本史に特化した塾で、設立2年目にして多くの実績を残しています。

無料相談を行なっているので、気になったことやこれからの対策など、是非相談してください!

日本史を受験の武器にしたい人

日本史の勉強は後回しにされがちですが、実際には後回しにするべき人と今すぐに取り掛からなければいけないとがいます。

また、過去問を解き始める適切な時期も人それぞれで大きく違います

しかし、それぞれに合わせた対策を行えば必ず日本史を武器にできます。

自分がどれだけの日本史の勉強量が必要なのか、また過去問をいつから解き始めたらいいかわからない人は、リモジュクで無料相談を行なっているのでぜひ利用してください!

日本史の論述の独学は禁物です。

二次試験で日本史の論述が出る人は絶対に読み進めてください。

論述に関しては独学は”絶対に禁物”です。

論述を解いてみて模範解答を読むだけでは論述に必要な力は身につきません。

自分の頭の中にあることを採点官に伝わるように記述する力が論述で求められるものです。

この力は添削をしてもらうことで初めて身につきます。だから論述が解けるようになるには、解いた論述問題を全て添削してもらうくらいがちょうどいいです。

添削してくれる信頼できる先生がいるならぜひ活用してください。もしもいない場合は、リモジュクコーチで論述添削を行なっています!

リモジュクでは論述添削を徹底研究し、論述力が周りよりも圧倒的に身につく教え方が確立されています。

絶対に志望校に合格したい人はぜひ一度お話させてください!

高校1年生・高校2年生の人

受験のための日本史の対策を始めている人はまだ少ないと思います。

しかし、一年生、二年生の時期に勉強を始めておくことには大きなメリットがあります。

それは、高校三年生での過去問の演習効率が圧倒的に高くなるということです。

高校三年生に慌てて通史を最初から復習し直す人がたくさんいますが、他の科目との兼ね合いもあり、意外と日本史の勉強時間を確保するのは難しいです。

高校三年生の夏には万全な状態で過去問に挑めるようにする、そのために重要な時期が高校一・二年の時期です。

高校三年生の人

高3の夏まで

高校三年生の夏は日本史でも超重要です。

なぜなら、実戦形式の過去問演習を始める時期だからです。

少なくともその時までには通史を終わらせておく必要があります。

そしてさらに進んで勉強を行いたい人は、夏までに演習を始めておくといいでしょう。

高3の夏から共通テストまで

高3の夏からはひたすら過去問演習を行いましょう。

質の高い過去問演習を行えていれば、論述でも共通テストの対策にもなります。

そして、共通テストの直前期1ヶ月前から共通テストの対策を重点的に行いましょう。

センター試験の過去問や模試の演習など、実戦練習を行うことが重要です。

共通テストから本試験まで

本試験まではひたすら過去問演習を行なってください。

共通テストが終わってからの1ヶ月は日本史が一番伸びる時期です。

本来であれば絶対に添削を含む演習が高3の始めから必要ですが、少なくともこの時期にはつきっきりで見てくれる先生を見つけましょう。