日本史を独学で勉強するべき人、そうでない人【大学受験】

日本史の通史を攻略することや、過去問演習など、一見独学は難しいように感じます。

しかし、日本史を独学で勉強することは可能です。

ここでは日本史を独学で勉強してもいい人とそうでない人を徹底的に解説します。

【志望校別】日本史の独学に適している人

私立大学志望の受験生

日本史の独学に適している人は、主に難関大を含む私立大学の受験生です。

理由は、塾などの決められた授業に割く時間を志望校の勉強に効率的に回せるから。

選択問題や正誤問題が中心となる入試では、単純な暗記量がものを言います。

(最近は、単純な暗記では対応できない問題も増えてきていますが。)

合格できるかできないかの鍵は、受験に出る可能性の高い単語をどれだけ暗記できているか、です。

ここに独学の利点があります。

自分の実力に合わせて過去問などに多くの時間を割けるため、出そうな単語の暗記に時間を使えます。

逆に、独学の人が勝つにはここで勝つしかありません。

しかし、早慶の一部学部など、論述が出題される学部が第一志望の場合は、独学は適していません。

【志望校別】日本史の独学に適していない人

国公立大学志望の受験生

日本史の論述を教える立場からすると、国公立大学志望の人が独学で勉強することは絶対にオススメしません。

理由は、論述がメインだからです。

つまり、論述の独学は絶対にしてはいけません。

論述問題のゴールは、受験会場で適切な回答を書くことです。

今まで解いてきた問題を模範回答通りに書けることではありません。

何が言いたいか、というと「模範回答を見るだけでは論述ができるようにならない」ということです。

そもそも論述問題に模範回答はありません。

強いて言えば、自分の回答を限りなくよくしたものが模範回答です。

自分の回答を限りなくよくするプロセスで添削が必須になります。

よって、独学には適していません。

添削だけして欲しいという人はリモジュクにぜひ頼ってください。

と言っても、リモジュクの宣伝をしたいわけではなく、とにかく添削をしてくれる信頼できる人がいればそのかたに頼ってください。

とにかく独学でやり通して失敗して欲しくないだけです。

【性格別】日本史の独学に適している人

点と点を繋げられる人(暗記にとどめない人)

日本史、という科目はとても難しい科目です。

なぜなら、暗記量が比較的少ない分、単語同士のつながりを聞かれることが多いからです。

以下に例を挙げます。

Q. 源頼朝が1192年に与えられた地位は何ですか。

A. 征夷大将軍

という問題ではなく、

Q. なぜ源頼朝は征夷大将軍に命じられたか。

A. 拡大する武士の勢力を朝廷が形式上統制したかったから。

という問題が出題されます。

そして、この問題に対応できるように日本史を身につけるには、単語同士を繋げる俯瞰的視点が必要です。

この点で暗記にとどめず、点と点を繋げられる人は、独学に適していると言えるでしょう。

【性格別】日本史の独学に適していない人

暗記が得意な人

暗記が得意な人は、暗記に頼ってしまいがちです。

結果、上で述べたような、「単語の理解」を怠ってしまう人が多い傾向にあります。

理由は簡単で、「覚えられちゃうから」です。

しかし、実際に入試問題では初めて見るような問題も多く出題されるはず。

そんな問題に対応できるのは、総合的な理解をしていた受験生です。

もちろん暗記が得意に越したことはありません。

しかし、暗記が得意な人は暗記に頼ってしまう、という点で独学には向いていないことが多いです。

【環境別】日本史の独学に適している人

学校に頼れる優秀な先生がいる人

学校に添削までしてくれるような先生がいる人は、わざわざ塾に通う必要はないでしょう。

受験に力をいれている進学校などはそうである可能性は高いです。

しかし、二つの要素が求められます。

「自分に時間を割いてくれること」と「優秀なこと」の二つです。

論述がある人は、必ず添削をしてもらわないといけません。

その時に、添削をしっかり行ってくれ、さらに優秀な添削を行ってくれれば文句なしです。

ただ、優秀な日本史の先生を探すのはとても難しく、例えば東大の入試を解けない日本史の先生は世の中にたくさんいます。

【性格別】日本史の独学に適していない人

頼れる優秀な先生がいない人

このような先生が一人いるかいないか、が日本史の受験成功の鍵を握っています。

もしもこのような人がいない人は、なるべく早い段階で見つけるといいでしょう。

もちろん、リモジュクはいつでも頼れる存在でいるので、ご連絡してください。

まとめ

日本史は、基本的には独学でやる科目ではありません。

しかし、しっかりと自分の性格を理解した上で行うのであれば十分勝機があります。

独学でどのように勉強するか、などもリモジュクは無料で相談に乗りますので、そのような連絡もお待ちしています。

日本史を受験の武器にしたい人

日本史の勉強は後回しにされがちですが、実際には後回しにするべき人と今すぐに取り掛からなければいけないとがいます。

また、過去問を解き始める適切な時期も人それぞれで大きく違います

しかし、それぞれに合わせた対策を行えば必ず日本史を武器にできます。

自分がどれだけの日本史の勉強量が必要なのか、また過去問をいつから解き始めたらいいかわからない人は、リモジュクで無料相談を行なっているのでぜひ利用してください!

日本史の論述の独学は禁物です。

二次試験で日本史の論述が出る人は絶対に読み進めてください。

論述に関しては独学は”絶対に禁物”です。

論述を解いてみて模範解答を読むだけでは論述に必要な力は身につきません。

自分の頭の中にあることを採点官に伝わるように記述する力が論述で求められるものです。

この力は添削をしてもらうことで初めて身につきます。だから論述が解けるようになるには、解いた論述問題を全て添削してもらうくらいがちょうどいいです。

添削してくれる信頼できる先生がいるならぜひ活用してください。もしもいない場合は、リモジュクコーチで論述添削を行なっています!

リモジュクでは論述添削を徹底研究し、論述力が周りよりも圧倒的に身につく教え方が確立されています。

絶対に志望校に合格したい人はぜひ一度お話させてください!

高校1年生・高校2年生の人

受験のための日本史の対策を始めている人はまだ少ないと思います。

しかし、一年生、二年生の時期に勉強を始めておくことには大きなメリットがあります。

それは、高校三年生での過去問の演習効率が圧倒的に高くなるということです。

高校三年生に慌てて通史を最初から復習し直す人がたくさんいますが、他の科目との兼ね合いもあり、意外と日本史の勉強時間を確保するのは難しいです。

高校三年生の夏には万全な状態で過去問に挑めるようにする、そのために重要な時期が高校一・二年の時期です。

高校三年生の人

高3の夏まで

高校三年生の夏は日本史でも超重要です。

なぜなら、実戦形式の過去問演習を始める時期だからです。

少なくともその時までには通史を終わらせておく必要があります。

そしてさらに進んで勉強を行いたい人は、夏までに演習を始めておくといいでしょう。

高3の夏から共通テストまで

高3の夏からはひたすら過去問演習を行いましょう。

質の高い過去問演習を行えていれば、論述でも共通テストの対策にもなります。

そして、共通テストの直前期1ヶ月前から共通テストの対策を重点的に行いましょう。

センター試験の過去問や模試の演習など、実戦練習を行うことが重要です。

共通テストから本試験まで

本試験まではひたすら過去問演習を行なってください。

共通テストが終わってからの1ヶ月は日本史が一番伸びる時期です。

本来であれば絶対に添削を含む演習が高3の始めから必要ですが、少なくともこの時期にはつきっきりで見てくれる先生を見つけましょう。